Jリーグ サッカー 最新情報

2019年のサガン鳥栖4連敗の理由は?なぜ弱いし勝てないのか考察!

更新日:

こんばんは!Yoshiです。今回もサガン鳥栖の記事を書いていこうと思います。

サガン鳥栖は昨日、駅前不動産スタジアムにて、12位の湘南ベルマーレと対戦しました。


サガン鳥栖はこれまでの8試合でわずか1得点で、最下位のなかなか厳しい中のサガン鳥栖のスターティングメンバーはYBCルヴァンカップのベルガタ仙台戦から、10名を起用したがトーレス、イバルボ、金崎はベンチ入りとなって試合が始まりました。

試合は、前半は0対0とスコアレスで終えたものの、後半は0ー2と湘南ベルマーレの勝利サガン鳥栖はこれでリーグ4連敗となりました。

試合後のサガン鳥栖はサガン鳥栖サポーターからのブーイングを浴びてサポーターもなかなか勝てなくてイライラしている様子でした。

そこで今回は、なかなか勝てないサガン鳥栖の理由を考察してみました!

サガン鳥栖の4連敗の改善点は大きく2つ!

サガン鳥栖の改善点としては大きく分けて2つあります。

1.  攻撃選手の活用ができてない事

2. 決定力のなさ

この2つが敗因の原因として挙げられます。

まずは、1つ目の攻撃陣の活用ができていないことについて詳しくみていきましょう。

スタメンにトーレス、金崎、クエンカ、イバルボの攻撃の主役を入れないと攻め続けられる

やはり、サガン鳥栖の攻撃の主役といえばトーレスや金崎、イバルボ、クエンカがかなり攻撃の起点となるので、スタメンにトーレス、金崎、イバルボを入れないと、クエンカだけでは、攻撃の起点を作るのが難しいと自分は思います。

今日の湘南ベルマーレの試合でも、チャンスを作ったにも関わらず、得点には至らなかったというシーンがいくつかありました。

後半にはトーレスを入れ、攻撃を仕掛けようとしたが、湘南ベルマーレに先制を許してしまう事になった。

さらに、今日の湘南ベルマーレの試合で、イバルボを投入してさらに仕掛けようとすると今度は守備が甘くなり、今度は一瞬の隙を突かれて湘南の追加点となった。

この事から、自分は主役を2人ぐらい入れたうえで、試合をするとバランスの良い試合ができると思います。

では、次に2つ目の決定力のなさについて詳しくみていきましょう。

サガン鳥栖が足りないのは得点力!

次に足りないのは得点力です。
今日の試合で例えると、前半6分にカウンターからクエンカがシュートを打ったけれども、湘南ベルマーレGKの秋元にセーブされるなど、チャンスをものにできていない、決定機を特に今期は逃しているので、得点力が足りないと思います。

得点力が上がればサガン鳥栖も、一気に上位に来ると個人的に思います。

まとめ

今回はサガン鳥栖が4連敗してしまったのか、なぜ弱いのか?について大きく2つ書きました。

まず、1つ目は、攻撃陣の攻撃の主役のトーレス、金崎、イバルボ、クエンカをスタメンに入れることで、試合のバランスがよくなると思います。

2つ目は、サガン鳥栖の得点力のなさ、について書きました。

これまでのリーグ戦でわずか1得点、最下位に沈むサガン鳥栖が足りないのは、得点力です。

これまで、いくつもののシュートチャンスも外したりと得点力が足りないと思います。

今期から9試合でわずか1得点という結果なので、スタメンに関しても、得点に関してもサガン鳥栖は頑張って欲しいですね。

次の試合は、5月4日土曜日に大分トリニータと対戦!九州ダービーとして、さらにゴールデンウィークの期間なのでかなり盛り上がりそうですね!!次も楽しみにサガン鳥栖の勝ちを待ちたいと思います。 サガン鳥栖が上位に上がれる日が待ち遠しいです!

-Jリーグ, サッカー 最新情報

Copyright© Yoshi , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.