サッカー

サガン鳥栖ユース下部組織はなぜ強いのか?トップチーム昇格選手は?

投稿日:

サガン鳥栖は佐賀県鳥栖市にホームタウンを拠点として活動しているチームです。
 
2020年のサガン鳥栖のトップチームはJ1で13位という成績を残し7勝15分12敗という引き分けや負けが多いチームで、なかなか強いとは言えません。

しかし、トップチームとは異なり、U15、U18の下部組織では、優勝、準優勝という成績を残しています。
 
なぜ、サガン鳥栖の下部組織は強いのか?
 
ここでは、この事について調査して書いていきます。
 
 

過去のサガン鳥栖の下部組織の成績は?

U15の過去の成績

2017年 クラブユース選手権 優勝
 
2017年 高円宮杯 優勝
 
2019年 クラブユース選手権 優勝
 
2019年 高円宮杯 優勝
 
2020年 クラブユース選手権九州大会 優勝
 
2020年 高円宮杯 優勝
 
3年前から優勝の数が6つもあり驚きですね!
 
 
U18の過去の成績
 
2014年 プリンスリーグ九州2部 3位
 
2017年 プリンスリーグ九州 優勝
 
2018年 プリンスリーグ九州 優勝
 
2019年 プリンスリーグ九州 優勝
 
2019年 クラブユース選手権 準優勝
 
2020年 クラブユース選手権 優勝
 
 
ユースの選手も九州のプリンスリーグで3年連続で1位を取るなどの成績をしています。
クラブユース選手権でも2年連続決勝進出などいい成績です。
 
ジュニアユースもユースも今後に期待できますね。
 
 

サガン鳥栖U15 U18カテゴリーが強い理由

 

サガン鳥栖ユースカテゴリーが強い理由については、今シーズンで引退された、竹原稔社長の経営にあります。

ユースカテゴリーを育てるために、経営の方針をユースカテゴリーにお金を使ったと思います。

次の社長の福岡淳二郎さんにも、この経営方式をとって欲しいなと思います。

 

今後、注目のトップチーム昇格選手は?

相良竜之介選手 18歳
リーグ戦後半からベンチ入りしてる選手でドリブルも上手く、がむしゃらに走りゴールに向かう選手です。今季のガンバ大阪戦で得点してます。

兒玉澪王斗選手 18歳

兒玉澪王斗選手は8月のルヴァンカップで相良選手、中野選手と一緒にスタメン起用された選手でヘディング、体幹の強い選手です。


中野伸哉選手 17歳
中野選手は、高校2年生でありながら、Jリーグ後半から、スタメン起用される事が多く、ピンポイントクロスや守備から攻撃まで多くの場面で活躍できる選手です。

他にも世代別日本代表の選手もいるので期待したいです。

まとめ

今回はサガン鳥栖のユース世代が強いという記事を書きました。
 
 
 
サガン鳥栖はユース世代を強化という事で、最近になり、数々の大会で、いい成績を残しています。
 
 
サガン鳥栖の社長が変わってしまいましたが、今後もユース世代の強化も続けて欲しいなと個人的に思います。

-サッカー

Copyright© Yoshi , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.