サッカー 移籍情報

サガン鳥栖 正式にクエンカとの契約完了 今後のクエンカの目標について

更新日:

サガン鳥栖は、1月19日に元バルセロナにも所属していたスペイン出身のクエンカの契約が完了していることがわかりました。

サガン鳥栖に入団したクエンカ選手の実績は?

2003年の11歳からFCバルセロナの下部組織に入団し、エスパニョールなどにも入団した経験のある選手である。

プロでは、2011~2014年にスペインの名門、FCバルセロナでプレーし、2011年の年ではクラブワールドカップで優勝の経験もあり、16試合で2得点を挙げる活躍をし、昨年の2018年までは、イスラエルの2部リーグに所属し、2得点の活躍をして今季2019年からサガン鳥栖入団してきました。サガン鳥栖での活躍も期待できそうです。

ルイス・カレーラスの期待に応えられるのか?

クエンカ選手は、2010年~2011年のシーズンのサバデルに所属していた時には、カレーラス監督の指導もあり、サガン鳥栖に移籍してまた、カレーラス監督の元で指導を受けることになり、クエンカ選手はカレーラス監督の期待に応えられるのか今後に期待です。

なぜ、サガン鳥栖に入団したのか?

クエンカ選手は、バルセロナでもプレーしたこともある選手ですが、なぜクエンカ選手は、Jリーグのサガン鳥栖を選んで入団を決意したのか?

その理由は、スペインの2部リーグに所属していたクエンカ選手は、サガン鳥栖にオファーが届いたときにサガン鳥栖は、クエンカ選手に大きなチャンスをくれたと話している。

イニエスタとの共演にも期待大!

クエンカ選手とイニエスタ選手は、バルセロナのチームメイトでクエンカ選手は、イニエスタ選手より後輩バルセロナ以来の共演の可能性もあるのでイニエスタ選手とクエンカ選手とトーレス選手のスペインの出身の対決も楽しみですね。

-サッカー 移籍情報

Copyright© Yoshi , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.